浮気の証拠を見つける

浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査をして貰うことが最も確実な方法です。

沿うはいっても、探偵に調査をお願いするのはすごくなお値段なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

探偵へ浮気調査を頼んだら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所が変われば料金はまちまちなので、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は低くなるのです。

さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、事前にある程度自分で調査を済ましておくようにしましょう。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な調査資料になります。

毎日の出勤時間、帰宅時間、電話がかかってきたならば、その時間と話していた時間の記録もしておいた方がいいかもしれません。

地図上の場所がわかる機械を用いて、毎週のように行っている所を検索して、良く見える場所で観察しつづけると、いつかは来るはずですから、現場を押さえられると考えられます。

懐具合が心もとないときには、端末などで調べるのも、ひとつの方法ではあります。

GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。

浮気の事実関係を委託調査する際には、あり得ないほど低い報酬額であったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所がお奨めです。

また、探偵業の許可を取得しているのかお調べ下さい。

法に反して調査を実施している業者には依頼しない方が得策です。

法律的に、結婚している男女が配偶者以外の異性と故意に男女の関係にいたることを不貞と定めています。

すなわち、法律上では、性的に親密な関係ではなかったなら、普通のデートをし立としても、浮気とはいえないということになります。

個人で男女の関係を実証することは難しいかも知れませんが、プロに頼んで調べて貰うという手もあります。

探偵の浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。

実費としては調査の際にかかった交通費とかフイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。

時間給は、人数×時間で費用を算出します。

浮気調査を行なう期間が短ければ支払いも安くすみます。

探偵が浮気調査を行なう時でも時には失敗することもあります。

探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、思わぬミスをすることが少なからずあります。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

加えて、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を掴みきれません。

尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行時間が短い探偵の方が、お金がかからなくなります。

というワケで、尾行依頼を探偵にする時には、日頃からパートナーの生活のパターンを観察しておく必要があります。

その結果としてから、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って尾行をして欲しいと依頼をすれば、探偵側も余計な手間がかからず、お互いにとってメリットがあります。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、多くの場合は3~4日間です。

最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均の期間です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあることも覚悟して下さい。

それとは逆に、この日は浮気し沿うだという日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

原一探偵事務所ならまずは電話で無料相談できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です